つれづれの日記

【小学生の算数】計算力をあげるためのステップ

 

皆さん、こんにちは。

我が子もまもなく小学生となり、1歳半ごろから始めた知育も早5年。

そのなかで、「かず」など、算数に関連するテーマにも鋭意取り組んできました。

そして、未就学児童期というタイミングで、四則演算や分数・少数の学習(理解)に取り掛かることもできました。この理由のひとつには、まさしく、かずの「概念理解」を幼児期の知育活動として行ってきたことが挙げられます。

【小学生の算数】かずの学習をどうすすめるか「かず」は、小学生以降の教科で学習する基本です。この「かず」の学習は、幼児期から取り組めるため、ぜひ日課として学習に取り組みたいところです。最初のステップは、まずは「かず」の概念の理解から。ステップアップに役立つ「かず」の学習に活かせるドリルや玩具をご紹介します。...

そして、現在は本格的な「計算のトレーニング」に移行し、「計算」を日課としているのですが、この計算のトレーニングが一筋縄ではいきません。

計算のトレーニングに取り組めば取り組むほど、珍プレイが発生します。

そこで、本記事では、日々の計算トレーニング中に気づいたことをお伝えすべく、綴ってゆきたいと思います。もしかしたら、皆さんがお子さんと一緒に取り組まれる時の気づきとなることを願いまして。

もちろん、現在、知育活動に取り組まれている方、小学校での教育計画を思案されている方など、多くの方に参考の一助となれば幸いです。

 

子供が計算問題を早く正確に解くために必要なこと

さて、計算力=計算スキルと考えていた私。日々の計算トレーニングに付き添っているなかで、常々実感することがあります。

それは、計算を早く正しく行うためには、計算方法の習熟だけでなく、「注意力」などの非認知能力や、計算用紙の書き方などの「所作業」が、とても大事だということ。例えば我が子にとっては、「文字を大きく書くこと」「写し間違えないこと」が課題です。

このような課題は、これまで取り組んできた知育問題では見受けられなかったもの。しかし、3つ4つの計算を行う問題や、線文図を書く問題などに触れると、このよな、抑えなくてはいけないポイントがどんどんと出てきます。

しかも、このような「字を大きく書く」ことや「写し間違えない」などは、少し練習すれば改善できると思うでしょう? 親からすれば、意識すれば簡単に出来るようになると思うのですが、子供にとっては、それを問題ごとに毎回、毎日できるようにすることは、簡単ではないようです。

そのため、これらの課題が、習慣として身に着くようになるには、ゆっくりじっくり取り組むべきなんだ、そういうものなんだと、理解するようにしました。計算処理能力はメキメキ伸びているのに、こちらが当たり前と考えるところ、簡単に見えるところでまごつくなんて、不思議なものです。

どのように指導をしてゆくべきかについては、これから発生ベースで書き綴ってゆきたいと思います。今はまだ、「こうすれば解答が早くなった!」というレベルまでいっていないように思います。上の問題を解いているのに下の問題と合流をして解き進めるなど、珍プレイを繰り返しているので。

 

「なぜそのように計算するか」の理解が大事です

「仕組みや原則の理解」は、とても大事です。

そのため、かずの概念理解を優先し、時間も割いてきました。

しかし、一方で、最初に概念ばかりを教えなくともよいのでは?とも、振り返っています。

理由は、計算トレーニングを通じて、下記のようにも感じてきたためです。

概念の理解は、様々な切り口から促したほうが効果的

一気に概念の習熟をしていても、日常の中で使わなければ忘れる

「算数」のプリントワークを日課で取り組むようになってからが頃合い

 

たとえば、四則演算の概念理解の場合、計算問題だけでなく、文章題を通じて考えることで、計算式の意味を深く考えるようになります。四則演算の方法をマスターし、分数や小数を知り、一巡してから、

3歳や4歳くらいだと、概念を理解でき、また文章題も解くことができるようになると思います。しかし、他の学習テーマも含め、それを定期的に取り組めるかどうかについても、同時に考えなければなりません。

我が家の場合は、6歳になるころから、自学自習型のプリントワークに移行しましたので、ちょうどそのタイミングが頃合いだったのかもしれません。

四則演算の概念を今一度教え直し、また割り算についても、等分除、包含徐についても再度教えました。

「誰でもやらなきゃ忘れる」と考えて、毎日定期的に取り組むことができる環境が整ってきたタイミングと、理解力がついてきた頃にやると良いでしょう。

ご参考までに、計算式について理解が深まったドリルを挙げておきます。

 

計算の概念を簡単にでも理解できたなら、次に、その数式の意味を「図」で理解しましょう。そうすることで、後々、計算にまつわる様々な問題や理解がスムーズになると思います。もちろん、計算を工夫する際の、「なぜそのように数字を加工するのか」についても、理解がスムーズになると思います。

結局いつまで経っても 家庭での学習時間捻出がカギ

私が、子供が小学校に入学してからしばらく腐心しているのが、我が子の小学生生活での時間の捻出です。そういえば、子供がもっと小さいころもそうでした。いつまで経っても、という感じがしている、この頃です。

我が子が幼児のときも、時間のない中で知育活動に取り組んできたこともあり、家庭での「学習計画」に対する意識は、それなりに持っていると思いました。

かといって、事前に上手く計画できるかというと、そうでもないようです(私だけかもしれませんが)

結局、子供が卒園してから、春休みの間も、小学校に入学した今も、どのように家庭学習をすすめるべきか、思案をしています。

というのも、これまで以上に、子供の学習時間が捻出できない状況になったためです。

我が子は、通学する(片道40分位の通学時間)、習い事をする(4つ)、習い事の練習をする(主にピアノ)、子供のやりたいことをする、早めに就寝する、という子供の主要活動を、一日の余暇時間から差し引くと、ほとんど時間がなくなります。

また、特にスイミングの日は、かなり疲労するので、家庭でのプリントワークはほとんどできません(させたくはありません)

一方、小学生で学習するテーマに踏み込んで、プリントワークもさせてきたので、それらのテーマを定着させたい思いもあり、時間を充てたくなります。

時間がない、しかしやってきたことを忘れないほしいという、せめぎあいが、学習計画を立てることを難しくしている感もあります。

そこで、幼稚園時代に取り組んできた計画の在り方を忘れて、心機一転、計画の在り方を見直すことにしました。

そして、今は、下記のようなポイントを立てて、検証している最中です。

★疲労度に合わせてコースをわける

・0分コース、30分コース、60分コース、90分コース

★新しく教えるテーマは休日に

★予め決めた終了時間は徹底して守る

途中でも終了させて、翌日以降に続きをやってもらう。書いた紙面は残しておく。

 

後に小学生になるお子さんがいる方に、現時点でアドバイスできることとすれば、

・加減乗除と分数・少数の計算まで取り組んでおき、慣れておく。

・そして、これらの「計算速度」をあげておく

・3~4日やらなくても難なく取り組めるテーマを作っておく

です。

我が子の場合、計算方法については、小学校入学までに、大方、出来ていましたが、計算の速度は遅く、ひとつひとつの問題を進めるのに多くの時間がかかりました。

計算速度を上げるコツは、やはり暗算にあります。暗算のトレーニングについても意識を回しておくと良いと思います。(我が子は、最近はじめました)

また、計算方法についてもそうですが、理解できた(ようにみえる)ものでも、翌日にはできなくなっていたりします。凄い勢いで忘れるので、ひとつのテーマをある程度のところまで定着させると良いと思います。

我が子の場合、一定レベルの定着が見られるテーマは、「割合」です。時間がかかりそうなテーマは早めに取り組んでおこうという考えで教え始めたのですが、どうやらそれは良かったようです。分数、少数などの「数」との関連性も高く、「比」、「線文図の書き方(文章題)」などにもつながる考え方です。

小学校ではおよそ小学5年生の時にならうようですが、そこまで待つ必要はありません。分数を教える時に少しづつ教えるなど、早めに取り組むことをおススメします。

 

いかがでしょうか。

「計算」トレーニングと一口に言えど、計算方法に目が向きがちですが、他に意識をしなくてはならないポイントがあります。

たとえば、子供自身の「非認知能力」。また、例えば、計算をするに必要な「所作」。

計算問題の難易度や量も関係しますが、計算問題は、集中力、思考力、注意力を要求します。これらは、一朝一夕に育つ能力ではなく、コツコツと積み上げてゆくもの。ひたすら、じっくりと取り組みたいものです。

また、私にとって盲点だったのは、計算をするための所作業が、なかなか身につかないこと。

字を大きく書く、紙面のスミで計算をしない、写し間違えをしないなどは、計算の正答率を上げるためにとても大事なことがわかったのですが、これらの改善を図ろうとも、なかなか上手くいきません。少しアドバイスをすれば身に付きそうだと思うのですが、すぐ忘れてしまうようです。

そして、さらに留意する点としては、子供の小学校生活のなかで、計算問題をどのように日課にするかといった、計画です。

是非、これらの点にも留意し、計算トレーニングを毎日行ってゆきたいものです。

(続く)

 

ABOUT ME
アバター
長介(ちょうすけ)
教育企業、外資系企業、サラリーマン、個人事業主を経験。子育てで消耗中、でも頑張れる。とにかく時間が欲しい。
こちらの記事はいかがでしょう