つれづれの日記

「算数検定」を家庭学習の指針や試験慣れに活かす

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

さて、私といえば、子供の幸せを願い、相も変わらず、子供の能力開発に取り組み続けています。まあ、当たり前のことですね。

そのなかでも、算数の学習は、論理力、想像力など、様々な能力開発に寄与することから、特に力を入れています。

その算数学習も、我が子が現在小学1年生となり、随分と様変わりしてきました。

1歳半ごろの知育活動では、「かず」の学習として取り組んできた記憶があります。

そして、その頃合いから早5年、現在は、算数に登場する様々なテーマにチャレンジできるようになりました。

そういえば、その一環として、先日は「算数検定」も受験をしてきました。今回、その模様をお伝えしたいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

算数検定とは

「算数検定」とは、正式名称「実用数学技能検定」といわれる記述式の検定試験。

文部科学省が後援し、中学・高校・大学の入試で、優遇のメリットもあるようです。

また、この算数検定は、正しくは、11級から6級までを「算数検定」、5級から1級までを「数学検定」といいます。

このうち、我が子は先日、算数検定8級を受験しました。

結果、見事合格。

 

 

算数検定のどの級を受験すると良いのか

我が子は、今回の受験が初めてだったので、合格しやすい級を選ぼうと思っていました。

しかし、今回の算数検定8級は、学習したことがないテーマが多く、ざっと詰め込んだ感もありました。変な話のようですが、もしかしたら7級、6級の試験のほうが、我が子にとっては馴染みがあったかもしれません。

というのも、7級や6級のほうが、家庭学習で取り組んでいる内容により近いためです。対策という対策をしなくとも、そのまま家庭学習の復習として利用できるイメージがあったのです。

とはいえ、我が子には、結局は8級を受けてもらいましたが、もし他の級の受験も事前に考えているのであれば、別に数字の高い級から低い級へ、順番に受験しなくても良いのでは?と思っています。

英検などは、級が低くなるにつれ、明らかに難易度も変わってゆきますが、算数検定はこの限りではないように思うので。

受験級については、算数検定の公式ページにそれぞれの級の過去問があるので、一度子どもに提示してみて、どの辺りが現在の学習内容的にマッチするか、または新しく学習を開始したいテーマが出題される試験は何級か、で選んでも良いかもしれません。

我が子が算数検定を受験して良かったと思うこと

私は、大きく2つの効果を期待して、検定にチャレンジしてもらうことにしました。私が期待した効果は、「テスト慣れ」と、「親の学習計画作成に役立つこと」です。

テスト慣れをするためにはうってつけの検定

算数検定試験の試験時間は、級によって異なります。大体、50分間という時間を目安に、他の子供たちと一緒に、教室(会場)でテストを受けることになります。

過去問や実際の試験問題を見たところ、実感問題の難易度については、学校の教科書をベースとした、基本的な問題の出題がほとんどです。

受験の級については自由に選択でき、(合格・不合格を問わず)何度でも受験できます。お子さんにとって無理のない検定の選択をし準備をすれば、合格し、「テスト」に対して自信をつける一助になるでしょう。

算数検定を、学習計画作成の目安にする

みなさんもご経験があると思いますが、家庭で学習を進める際、学習目標を想像しながら使用教材を選択するでしょう。

たとえば、理解が弱いテーマが判明していれば、そのテーマを重点的にできる教材(参考書や問題集など)を選択します。基本的で総合的な学習ということであれば、学校の教科書に準拠したもの、中学受験を意識していれば、それに対応した教材を選択することでしょう。

しかし、どの学年でどのようなテーマを学習するかについては、家庭学習ではなかなか把握しずらいもの。また、家庭学習で先取りをし、例えば文章題など、特定の分野を掘り下げてゆくと、図形などの他のテーマは後手に回りがちになるかもしれません。

そのようなときも、学習の指針に算数検定を沿えておけば、その対策をすることで、学年毎に学ぶテーマに触れることができます。

私の場合も、小学校の算数から中学校の数学まで、どのような学習テーマがあるかは把握できているのですが、順を追って進めているわけではありません。割合や比など、習得に時間がかかりそうなーマを、子供の伸びに応じて掘り下げて進めてきました。

そのため、算数検定の8級で学習した、大きな数とがい数、図表の読み取り、円や球の概念、分度器やコンパスを使う問題は、全て初めてのテーマでした。

このような、後手に回りがちなテーマを認識し、学習につなげられるのは、算数検定受験のメリットのように思います。

検定試験というイベントにより、家庭学習にメリハリがでた

次に、私が実感した検定受験のメリットは、解答時間や正答率を意識することで、家庭学習にメリハリがでることです。

実際に、検定試験の対策を行った1か月弱の期間は、時間に対する意識や丁寧に計算をする意識が、幾ばくか向上したように思います。

また、暗算だと、なんやかんや計算ミスが多いことがわかり、実用的ではないこともわかりました。そのため、筆算の技術向上や丁寧に取り組む意識の向上につながったと思います。

我が家の算数教育は、現在はプリントワークが中心となっているものの、特に時間を設けて解答を促していません。また計算ミスがあったとしても、考え方がキチンとしていれば、ある程度看過します。

今回の「テスト」対策を通じ、解答する時間や正確さ、解答用紙にキチンと文字を書くなどの丁寧さなど、普段にはない意識を刺激できたかもしれません。

算数検定受験の対策は

私が、過去問や我が子の反応を見ている限りですが、算数検定の出題内容は、学校の教科書に沿うような、素直な問題ばかりです。そのため、参考書・問題集にキチンと取り組めば、合格できるでしょう。

手っ取り早い対策は、やはり受験する級に対応した参考書や過去問題集を使うことです。お子さんの現況を確認し、弱いところを補強してゆきましょう。

我が子にとっても初めての算数検定ということもあり、対策の参考書・問題集を何冊も買いました。ただ、半分程度しか過去問にも取り組めなかったので、多くの問題集を買うのは、親の精神安定のためにおススメです。

なお、私は下記のような問題集や参考書を購入しました。

 

私は、このような問題集や参考書を使い、概念や方法を教え、問題に慣れてもらうことに終始しました。日課のプリントワークの代わりに、過去問に取り組んでもらう日を作り、対策としました。

初めての検定で、出題範囲の学習をこれから始めるという方は、検定の出題範囲も同時に抑えられる、参考書兼問題集を購入すると良いでしょう。

また、問題の内容に解答できるようにするだけでなく、学習内容とは別のところも整えてゆく必要があるかもしれません。

解答用紙の枠内に数字を丁寧に書く、解答用紙で間違えたところは、消しゴムでしっかりと消す、時間内に問題を解く、時間に余裕があればもう一度問題を解くなどして見直しをするなど、テストに対する所作のアドバイスが多かったです。

また、普段トレーニングをしている暗算や、計算の工夫などは、このテスト上では封印してもらいました。計算の工夫をして、計算しやすくできるのに、計算ミスをするという謎を生み出すためです。

私たちにとっては当たり前のことも、初めての子供たちにとっては当たり前ではないので、そのあたりもアドバイスをしてゆきましょう。

今後の算数検定受験に向けて

以上の理由から、私は、算数検定の受験は、その資格の効力よりも、その準備において大きなメリットがあるように思います。

いつもの家庭学習の、確認テストのような位置づけで、気軽に受験をしてみるのも良いのではないでしょうか。

(続く)

ABOUT ME
アバター
長介(ちょうすけ)
教育企業、外資系企業、サラリーマン、個人事業主を経験。子育てで消耗中、でも頑張れる。とにかく時間が欲しい。
こちらの記事はいかがでしょう